頭蓋仙骨療法とは

頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)とは


頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)は1970年代にアメリカのオステオパシー医であるジョン・E・アプレジャー医師が開発した痛みのない手技療法の一つです。


優しく相手に触れ、身体のこわばりを解きほぐし、脳脊髄液の流れを促進することにより、自然治癒力を高めていくものです。痛みやこりを改善させるだけでなく、骨格のゆがみを整え、深いリラクゼーション効果や自律神経を整える効果もあります。

とっても優しい手技療法なので、生まれたばかりの赤ちゃんから妊産婦さん、お年寄りや病気療養中の方にも安心して受けていただけます。

圧を加えたり揉みしごくようなことはなく、ただピッタリと柔らかく触れ、相手の身体からのサインを待ちます。

足、骨盤、お腹、胸、耳などに優しく触れます。触れているだけのように見えますが、お手当て人は手で体内の動きや体の状態を診て、ゆったりと身体のこわばりを解きほぐし整えていきます。

身体のこわばりをゆるめ、解きほぐすことによって、脳脊髄液の循環が改善されると、自律神経の働きが安定し自然治癒力が向上していきます。

身体や潜在意識の滞りに、その人の体自身が気づくことで「自己治癒力」スイッチが入り、不必要なこわばりや感情、老廃物などの体毒をカラダから排出する「流れ」が蘇ります。

あらゆる痛み、心身の不調を改善するきっかけとなるでしょう。

たとえば・・・

肉体的・精神的疲労、不眠、うつ、呼吸が浅い、胃腸障害、生理不順、骨格のゆがみ、腰痛や肩こり、顎関節痛、側湾症、慢性的な頭痛、便秘などの改善を手助けします。

お手当てってどんな感じ?


和の頭蓋仙骨療法のお手当ては、着衣のまま 基本は仰向けで横になり受けていただきます。


★眠ってしまうかも・・・

お手当て中は脳波が安定し、瞑想時のような状態になります。

寝ているような起きているような感覚だったり、眠くなることも多いです。

眠くなったら、ほんの少しの間ですが安心してお休みくださいね。★ぴくぴくっとするかも・・・

部分的に暖かくなる・手先が勝手にぴくぴくっと動く・お腹がぎゅるる~となる・

頭の中がぼわ~んとする・顎がふわ~っとゆるんでくる・涙がスーッとこぼれることも。

人によりいろいろな反応があります。体の内側のつながりや動きをぜひ体感してみてください。


★何も感じない・・・

長い間、頑張って体を酷使して生活していると、体は硬くなり、感覚が鈍くなります。

そんな方は、今回初めてのお手当てでは、何も感じられないかもしれませんが、

身体はちゃんとお手当てを受け取っています。数回続けていくと、だんだんご自身の感覚でも、

リラックスや変化がわかるようになっていきます。


★痛みがあるかも・・・

お手当て後、神経の信号がスムーズに通るようになると、だるさを感じたり、痛みが感じられたり

することがありますが、ほとんどが数日以内に改善します。痛みが出た部分の多くはそれまでの生活の中で

無理や負担があった所や古傷などいたわり癒す必要のある部分です。いたわって欲しいという身体からのメッセージなどで、基本的には温めて、よく頑張ったね、と気にかけてあげてください。だるくなったり眠くなった場合は良く休んでくださいね。

和の頭蓋仙骨療法のお手当てはおうちサロン千葉Umiのいえへどうぞ

産前産後の方へのお手当て


ソフトタッチのとってもやさしい療法なので、妊婦さん、産後の方にも安全に心地よく受けていただけます。


腰痛、痔、肩こり、冷え症、静脈瘤、逆子、内臓の不調、股関節痛、歩行の違和感、予定日超過、便秘、尿漏れ、恥骨痛、恥骨離開、術後の痛みと癒着、子宮脱、乳腺炎、うつ、頭痛、乳汁不足、不眠、緊張などの改善へのお手伝いをいたします。 

妊婦さんはおなかの赤ちゃんと二人でお手当てを受けている事になります。妊娠中のマイナートラブルや産後づかれにぜひ愛あるお手当てをお役立て下さい。

赤ちゃんへのお手当て


母乳の吸い付きが悪い、吐き癖、強い反り返り、強い泣き、便秘、鼻づまり、頭のゆがみ、向き癖、斜視、冷え、眠りが浅い、股関節が硬い、硬直気味で抱きにくいなどの症状をお持ちの赤ちゃんもいます。

それらは一時的であったり、日々の子育てで成長とともに解消していくものもありますが、それぞれの症状の早期改善にお手当ては非常に有効です。

赤ちゃんが吸てつしているときがよりお手当ての効果をたかめるので、授乳しながら、またお母さんに少し協力いただきながらお手当てしていきます。

お手当て後はいつもよりたくさん眠ってしまうかも。
お腹がよく動き、おならが出たり、たっぷり排便があるかも。体がゆるむことによって、赤ちゃんも心がゆるむから、ニヤッと笑う子もいれば、泣いてしまう子もいます。「泣いてもいいんだよ~」とよしよししてあげてくださいね。

お手当て後 


神経の状態が改善されることにより、だるさを感じたり、痛みが感じられることがありますが、ほとんどが一時的で数日で改善します。痛みが出た部分の多くは、古傷や我慢し続け感覚が鈍くなっている部分など、それまでの生活の中で無理や負担があった所であり、いたわり癒す必要がある部分です。

いたわって欲しいという身体からのメッセージを受け取りましょう。

だるくなったり眠くなった場合はよく休んでください。赤ちゃんの場合は多くが深く眠るようになります。

お腹が良く動き、お手当て後にたっぷり排便があることもあります。トラウマが解消される際に泣いたりすることもあります。