【感謝】齋藤麻紀子さんお話会 開催しました

6/17 横浜からUmiのいえ代表の 齋藤麻紀子さんをお招きして

お母さんのためのお話会~お産と子どもからいただく気づき~を開催しました。


今年は、ぜひいらして~とたくさんの方にお声掛けさせていただいて、

沢山のママが参加してくれました。


父の日前日ということで

「私のお父さんはこんな人でした」

と父をテーマで始まったお話会。

皆さん一人一人が話してくださるお話が、

自分に重なり、きゅっとなっていた父への想いがほどけ

まるでセラピーを受けているようなそんな時間でした。



<心に留まった麻紀子さんの言葉>


せっかちな父とのんびりな私

せっかちな父とせっかちな私ってあんまりないよね

「そういう考え方に苦しむのはやめようよー、こういう生き方も楽しいよー」
を伝えに来るのが子どもたち


父はご立派じゃなくていい、ただ居ればいい

ってことは、私もご立派じゃなくていい。

ただ居ることを称賛する


子どもは放っておいて、お母さんはお母さんの幸せを考える

スイミングでガラスの向こうの子どもがちゃんと泳いでるかを見てるんじゃなくて

子どもそっちのけで自分が泳いじゃうくらいがいいよ

自分が楽しいことをやってると、子どもも楽しんでいく


男は永遠の5歳児

「よくできたねー、えらいねー、あなたすてきねー」

「ありがとう、あなたのおかげよー」

ってすると、頑張れるのが男。


「ありのままに」をはき違えない。

私は私のままでいいけれど、

切りっぱなしのトゲトゲした木にやすりがけするように自分を磨くの。

茶道、音楽、ゴミ拾い、アート、ダンスいろいろな方法で。


結婚というのは足りなかった所を補い合うもの

母の愛をうけたかった甘えたい夫

父の不満を夫にぶつける妻


週休1日だった時代に、

お父さんが休日にどこかにつれて行ってくれたっていうのは

すごいことよね


そうだね、そうだね。みんな未熟だったね。


もう、誰も一人ぼっちにさせない。

女たちが円座になって話す横で、男二人はこんな風に過ごしてました


大きなお椅子に座っているよう


2人で真剣に間違い探しをしています。あと1個が見つからないね。



時に涙を流しながら語る女たち

一人が話しているのを見つめる皆さんのまなざしは

ものすご~くあったかくて、まるで子どもを見守る母のようでした。



参加してくださった皆様

あったかい場を作ってくれた麻紀子さん、

本当にありがとうございました。

また、開催します!

是非皆さんいらしてくださいね。



<これからのスケジュール>

6月24日(土) 和の頭蓋仙骨療法ベーシックセミナーin千葉      

6月26日(月) 【残席2名】おうち時間を楽しもう♪ナチュラル生活入門講座【おそうじ編】 

7月1日(土) マタニティお茶会7月 / ホタル観賞会 

7月8日(土) ホタル観賞会



千葉Umiのいえ ~いのち・こころ・からだ・くらしの学び合いの場~

いのち・こころ・からだ・くらしの学び合いの場 千葉Umiのいえのホームページです

0コメント

  • 1000 / 1000