5/8お母さんのためのお話会~お産と子どもからいただく気づき~

Umiのいえは、体と心の「膿みを出す」

赤ちゃんを「産み育てる」

元気・夢・愛を「生み出す」 経験と知恵を交し合える場。

本音で語り合える場

海の家のように、はだしでくつろげるみんなの家です。


千葉Umiのいえは横浜にあるUmiのいえのような場を千葉でも作ろう!と2014年12月よりスタートしました。

この度、Umiのいえ代表の齋藤麻紀子さんをお招きしてお話会を開催します♪

※写真はUmiのいえ代表 齋藤麻紀子さんと斎藤光洋さんご夫妻


毎日頑張るお母さんたちへ

どんなに子どもがかわいくても、腹が立ったり、悲しくなったり、

この子のためと思いながら必死になって、自分もこどもも振り回すこともありますよね。

焦ったり、比較したり、周りの目が気になったり

子育てしながら、心はクタクタになってしまいます。

子どもとの間柄に、自分と親の間柄もにじみ出てくるから、心ざわざわすることもありますよね。

子育てを通して生き様を問われる日々だと思います。

こどもは、生きている子も、天に返った子も、いつだって大切なことを教えてくれます。

お産と子育てから心に得たことはなんでしょうか 。

それを、これからの人生にどう活かしていきましょうか 。

今、嬉しいことも苦しいことも、ぜひ持ち寄っていらしてください。

お母さんの手を磨くこと、懐を深くすることもお話します。


お母さんのためのお話会

~お産と子どもからいただく気づき~

日時:2016年5月8日(日) 10時~12時
会場:Qiball 15階特別商談室
アクセス:JR千葉駅から徒歩15分、京成千葉中央駅から徒歩5分、モノレール葭川公園駅より徒歩4分

ファシリテーター:Umiのいえ代表 齋藤麻紀子さん

参加費:1620円(税込み)

定員:40名


お申し込み・お問い合わせはこちらから

皆さんのご参加をお待ちしています♪



<齋藤麻紀子さんの紹介>

~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~Umiのいえ 代表

「産む人」と「医療者」を結ぶネットワーク『REBORN』のスタッフを1995年から始め、かながわ母乳の会世話人や「どうする日本のお産ディスカッション大会」実行委員長を2006年に努めたり、多岐にわたる子育て支援活動を「母親の立場」で続けています。

雑誌クーヨンやAERAでも齋藤麻紀子さんの記事が取り上げられております。

編著:『だから日本に助産婦さんが必要です』自費出版 

著書:『となりのミドワイフ』さいろ社 

25歳、23歳,20歳 3人のお子さんのお母さん


たくさんの皆さんと出会い、お話で来たら嬉しいです。



お申し込み・お問い合わせはこちらから

千葉Umiのいえ ~いのち・こころ・からだ・くらしの学び合いの場~

いのち・こころ・からだ・くらしの学び合いの場 千葉Umiのいえのホームページです

0コメント

  • 1000 / 1000